車の売却、下取り前にご覧ください

車買取相場レポ - 車の売却で損しないための情報収集サイト」では、車を売るときに損をしないために必要な情報に要点を絞ってまとめています。メインコンテンツでは、国内外の車、およそ700車種の買取価格データを整理、分析して車種・年式別に平均買取価格をグラフにしています。[買取相場 車種検索へ]

車買取相場表 車買取相場表

 

目次

  1. 車を売る前に知っておきたい7つの基礎知識

  2. 査定額をアップさせる3つのコツ

  3. 車の一括査定、表のメリット・裏のメリット

  4. 車査定・車売却のときによくある質問 Q&A

  5. 車買取相場をしらべる[車種検索]
  6. 近所の中古車買取店を探す

 

 

 

車を売る前に知っておきたい7つの基礎知識

案内係

 

まずは、車を売る前に知っておきたい基礎知識をまとめました。車の売却が初めての人、車の売却で損をしたくない人はチェックしてみてください。

 

 

1.買取りと下取りの違い

 

車を売る前に知っておきたいことが、買取と下取りの違いについてです。

 

 

車を手放すという点では両者は同じです。大きな違いとしては、買取は売却のみを目的としていますが、下取りは車の購入とセットになっていることでしょう。

 

 

従いまして、純粋に車を売りたいという場合は、買取方式で車を手放すことになりますが、車の買い替えを検討している場合は、買取と下取りの両方式から選択することができます。

 

 

 

買取、下取りのそれぞれのメリット・デメリット

 

では、買取と下取り、どちらがいいのか?これはケース・バイ・ケースといえます。下表はそれぞれの特徴を比較したものですが、最終的には、「時間」と「お金」という2つの側面から判断することになるでしょう。

 

 

買取りと下取りの比較表

 

時間という観点からみると、下取りのほうが手間がかからず楽です。反対にお金という観点からみると、買取のほうが有利といえるでしょう。一般的には、買取額と下取り額を比較した場合に、平均して10~20万円ほど買取額の方が金額が高くなると言われています

 

 

私の知っている事例では、アルファードの売却で、下取りよりも52万円も高く売却できたケースを知っています。従いまして、多少時間をかけてもいいのなら、まずはいくつかの買取店で査定して比較してみるのがいいでしょう。

 

 

 

2.走行距離が10万キロを超えた車でも売却できるのか?

 

結論からいえば、できます。

 

 

走行距離の多い少ないにかかわらず、買い取られた車は一旦、整備工場で点検をし、必要があれば整備をしてから販売されます。査定額にはこのときの整備費用が加味されています。

 

 

走行距離の多い車は、やはり色々な面でガタが来ていますので、整備にも手間がかかります。この手間賃が査定額に影響するため、走行距離の多い車は査定額が安くなるのは事実です。

 

 

車種によっては、高額査定も期待できます

 

海外の国では、日本とそもそもの考え方や車に求める基準などが違います。

 

 

例えば、東南アジアやアフリカなどでは、走行距離30万キロが一つの目安になっていたりします。このような国で人気の中古車であれば、走行距離10万キロでも高値で買い取ってくれるでしょう。

 

 

ですので、あなたが過走行の車を売る場合には、海外に輸出している買取業者に査定してもらうのが一つのポイントになったりします。当サイトでは、10万キロ超えた車の買取相場も掲載していますので、お時間があればチェックしてみてください。

 

買取相場 車種検索へ

 

 

 

3.10年落ちの車には価値がないのですか?

 

日本の法律からみれば、普通自動車の場合、耐用年数は6年と定められています。

 

 

つまり、6年たったら資産価値は0円てことですね。それでは、10年落ちの車に価値はないのでしょうか。そんなことはありません。安心してください。10年落ちの中古車でも価値はあります。ただ、査定額は安くなるでしょう。これは走行距離のときと一緒で、整備の手間賃が加味されるからですね。

 

 

10年落ちでも高く買取してもらえる車とは

 

日本車は海外で人気があります。10年落ちでもしっかり走れるなら、それなりの金額で買い取ってもらえますよ。

 

 

ランドクルーザーやハイエース、ミニバン系といったように大きめの車は特に人気ですね。また大型車以外でも、アクアやフィット、スイフト、ノートといったコンパクトカーはニュージーランドやスリランカなどで人気がありますし、東南アジアではハリアーやヴェゼルなどのSUV系が人気だったりします。

 

 

当サイトでは、10年落ちの車がいくらぐらいで売れるのか?車種ごとにまとめていますので、お時間のあるときにチェックしてみてください。

 

買取相場 車種検索へ

 

目次に戻る ↑

 

4.事故車、故障車について

事故車

 

事故車や故障車といったように、動かなくなってしまった車は売却できるのでしょうか?もちろん、売却できます。ただ、一般的な買取店では難しいかもしれません。

 

 

部品取りという需要がある

 

よくよく調べてみると、事故車や故障車を専門に買い取りをしている業者があります。このような業者は、買い取った車を分解して、使える部品を売却しています。

 

 

例えば、家電でよくあるケースですが、洗濯機や冷蔵庫が壊れたときに、修理に出そうとしても部品がないので修理できません。なんて言われたことありませんか?

 

 

車も同じです。特に、海外では30年前の車が普通に走っていたりします。すると、「ある車のこのパーツだけが欲しい」といったように部品に対する需要っていうのは、私たちの想像以上にあるみたいなんですよね。

 

 

 

5.査定士と査定額の関係について

 

査定士とは、文字とおり査定を行う資格をもつ人のことをいいます。車の査定士ですが、これは国家資格ではありません。一般財団法人・日本自動車査定協会が、中古自動車査定制度運営規定に基づき、技能検定試験を行って合格者に「中古自動車査定士」の資格を与えています。

 

 

国家資格ではありませんので、実際には査定士の資格がなくても査定はできます。ただ、やはり査定をしてもらうなら、査定士の資格をもっている営業マンの査定を受けましょう。

 

 

査定額はお店ごとの経営方針に左右される

 

また、いくら査定士の評価が高かったとしても、実際の査定額も高くなるかといえばそうともいきません。査定士の主な役目は車の状態を把握することにあります。把握した情報をもとに、専門部署にて改めて精査し、マーケットの状況や自社の販売ルートなどを考慮した上で、最終的な査定額を決めています。

 

 

つまり、車の状態は同じでも、買い取る業者によって提示される査定額には差がでてきますので、有利に車を売却したい場合には、いろいろな業者にみてもらった方が良いでしょう。

 

 

 

6.はじめから高い査定額を提示する業者は怪しい?

悪徳業者

 

複数の買取店を競合させることで、査定額アップは期待できます。ただ、私たちの高く売りたいという気持ちを逆手にとってくる店もあるので要注意です。

 

 

例えば、初期段階で他社を蹴落とすために、ありえない査定額を提示してくる店が稀にあります。実際にその金額で買い取ってくれれば問題ありませんが、こういう店はたいてい契約後に、「詳しく査定したら前回発見できなかったキズや故障がみつかった」という事を言って、買取額が減額されてしまいます。

 

 

契約書にサインしたのになぜ?と思いますが、よくよく契約書を見ると「後から問題が見つかった場合には減額する」というような文言が書かれているはずです。

 

 

これは、売り主が事故歴などを隠して売る場合もあるので、契約内容としては仕方がない部分なのですが、悪徳業者はこれを上手く利用してくるので気をつけてください。

 

 

 

7.査定する場所について

 

査定する場所についてですが、買取店に車を持ち込まなければいけないのか?といえばそうでもありません。特に、交渉事が苦手な人は車は持ち込まないほうが良いでしょう。なんといっても、向こうのホームグラウンドですから。

 

 

そういうときは、出張査定を利用してください。自宅や会社など自分の好きな場所で査定を受けることができます。ただ、この時、出張査定料という名目でお金をとる買取店があったら要注意。そういうお店には依頼しないほうが良いでしょう。

 

 

他に探せば、いくらでも無料の出張査定に応じてくれる店舗はあります。特に、一括査定サイトなどを利用すれば、一度に複数業者をまとめて自宅に呼び寄せることも可能ですよ。

 

 

目次に戻る ↑

 

 

査定額をアップさせる3つのコツ

案内係

 

車を売るなら少しでも高く売りたい!と思うのはみんな一緒。ここでは、査定額を少しでもアップさせるためのコツ、逆に言うと、マイナス査定を受けないためのコツを3つほどご紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

1.純正パーツ、オプション、付属品

 

車のオプションには3つの区分があります。メーカーオプション、ディラーオプション、自前オプションです。メーカーオプションやディラーオプションなどはプラス査定がつく可能性が高いです。例えば、サンルーフや自動ブレーキ、エアバック、電動スライドドア、ナビ、バックモニターなど。

 

 

査定のときに問題になるのが、自前オプションです。

 

 

車好きの方の中には、ホイールやマフラーなどを社外品パーツに付け替えたりしていますよね。これは個人の趣味的な部分が強いですので、買い取る側でも査定が難しくなります。場合によってはマイナス査定がつくことも。ですので、査定の際には純正パーツも忘れずに用意しておいてください。

 

 

 

2.キズ、凹みは修理したほうがいい?

 

長年、車にのっていれば大なり小なり車は傷つくものです。このように、キズがついた車を査定に出すときに修理すべきか、そのまま査定すべきかという問題がありますが、一般的にはそのまま査定することをおすすめします

 

 

理由は簡単で、素人が修理するよりも、プロが修理したほうが修理代が安く、完成度が高いからです。

 

 

もし、あなたが修理のプロであるのならこの話はスルーしていただきたいのですが、素人が見よう見まねで修理しても、査定のプロが見れば、一発で見抜かれてしまいます。仕上がりが悪くて、その分、マイナス査定をされては元も子もありませんよね。

 

 

 

3.何よりも比較することが大切

 

やはり、複数の店舗で比較したほうが高値がつく可能性は高いです。

 

 

オークションでもみんなが欲しがるから自然と価値は高まっていくのと同じように、複数の買取店が競合することで査定額はアップしていくものなんですね。

 

 

ですので、面倒だからといって、1店舗のみの査定で車の売却をしてしまうのは辞めてください。少なくとも3~5店舗ぐらいのお店を競合させてみましょう

 

自宅の近くの買取店を探す≫

 

なお、効率よく買取店を競合させる場合には車の一括査定サイトを利用するのがおすすめなのですが、その理由については、次の項目でご紹介したいと思います。

 

 

目次に戻る ↑

 

 

車の一括査定、表のメリット・裏のメリット

案内係

 

車の査定で業者に騙されたくないし、正当な査定をしてもらいたい場合、又は今すぐクルマを売りたいけれど、足元を見られて買い叩かれたくはないといった場合、その対策として車の一括査定を利用することはもはや鉄板といえます。

 

車の一括査定とは、複数の買い取り業者へ同時に見積もりが出せるというサービスなのですが、大きく分けてあなたに2つのメリット(表のメリットと裏のメリット)があります。

 

 

中古車買取一括査定、表のメリットとは

 

あなたの愛車をより高値で売ることができます。

 

複数社に同時に査定情報が届くことで業者側で競合が発生し買値がつり上がりやすくなります。結果、あなたは最高額を提示してくれる会社に愛車を売ることができます。

 

他にも、

  • 競合がいることで正当な査定評価をしてくれる
  • 自宅から1度の入力で複数社へ依頼ができるので時間が節約できる
  • 完全無料でPC・スマホからサービスが利用できる
  • 直接店舗に出向く必要がない
  • やっぱり売りたくないときに断りやすい(代わりに断ってくれるところも有る)

 

もし、既にどこかで査定をしてた方でも、その査定金額に納得がいっていないようでしたら、中古車買取一括査定を利用してみると良い結果が得られることでしょう。

 

 

中古車買取一括査定、裏のメリットとは

 

裏といっても決して怪しいことではありません(笑)。

 

 

表のメリットとは直接的にあなたの利益に結びつくことでしたが、裏のメリットとは「公共の利益」につながることです。多少、大げさな表現をしますと「日本経済の発展」につながるとも言えます。

 

日本国国旗
なぜ、日本経済の発展につながるのか?といいますと、

 

中古車の一括査定というサービスが生まれたことによって、愛車を売りたい人達が気軽に車買取業者を比較し選別できるようになりました。

 

 

買取店側から見ますと、競合他社と比較されているわけで下手なことはできませんし、対応の悪い業者は自然と淘汰されていくことになります。楽天オートのように業者の口コミ情報がチェックできるサイトもありますしね。つまり、一括査定サービスの普及によって、より公正な取引環境が整ってきているのです。

 

 

下記、参考サイトのデータを見ても分かりますが自動車業界は日本の基幹産業です。より多くの人達が中古車一括査定のサービスを利用して車を売却するということは、日本経済のより健全な発展に参加できるともいえますね。

 

参考)

 

 

目次に戻る ↑

 

 

車査定・車売却のときによくある質問 Q&A

案内係

 

 

自動車税は誰がはらうのでしょうか?

売却した車の自動車税の扱いってきになりますよね?自動車税では、毎年の4月1日時点の所有者がその年の年間自動車税を納めることになっています。ですので、車を売却するときには、売却した車の名義変更がいつなされるのか?しっかりと確認しておかないと後々トラブルになるので気をつけましょう。特に3月に車を手放す人は注意が必要ですね。

 

車を査定するときに必要な書類ってありますか?

査定をするときは、車検証と自賠責保険証書の2つの書類があればOKです。ただし、売却を決めたとき、名義変更の手続きをする際には自動車納税証明書、実印、印鑑登録証明書、リサイクル券、譲渡証明書など必要になってきます。

 

車を査定する前に洗車ってしたほうがいいのでしょうか?

例えば、あなたが査定士だとして泥だらけの車を正確に査定できるでしょうか?もしかしたら、泥の奥にはキズが隠されているかもしれません。そう考えると正確な査定が難しくなりますよね?ということは、査定士としてもリスクコントロールから評価を低く見積もる必要がでてくるでしょう。つまり、洗車することによって査定額がグンっとアップすることはありませんが、評価を下げられる可能性はあるので、最低限の洗車はしておいたほうがよいでしょう。

 

ローンが残っているけど査定ってできるのでしょうか?

ほとんどの業者で査定することができます。査定して決まった売却額からローン残債を一括返済するケースが一般的です。もし、査定額よりもローン残債が多かった場合でも、不足分を現金で支払ったり、ローンを組んで支払ったりすることができます。

 

車検が切れている車って査定できるのでしょうか?

車検が切れてしまった車や車検直前の車でももちろん査定できます。しかしながら、車検が切れてしまった車は公道を走ることができません。そのため、売却を決めた後は、積載車を手配するか仮ナンバーを取得する必要があるためにその分費用がかさんでしまいますので、査定時期や売却時期には注意が必要です。

 

10年以上の車、過走行の車って値がつくのでしょうか?

最近では海外への販売ルートもあって高値は期待できないけれども、それなりの値がつくケースもあるようですよ。アフリカや東南アジアといった国々では30万キロが、日本でいう10万キロ相当の扱いになっています。特にワゴンやミニバン系は需要があるみたいですね。

 

0円と査定されましたがどうすれば良いですか?

車の査定は基本的に減点方式となっています。例えば、車両価格50万円とすると、そこから過走行でマイナス5万、修復履歴でマイナス5万といったように。その為、マイナス要素が多いと最終的に0円査定になることもあります。0円査定を受けてしまったら、恐らく他の店でも同じく0円査定となるでしょう。そういう場合ですが、車を買い替えるならディーラーで0円で下取りしてもらうのが良いですね。あとは、事故車や廃車を専門で買い取ってくれるお店もありますので、そういう専門店に連絡をしてみるといいでしょう。

 

車の売却時にリサイクル料金ってどうなるのですか?

リサイクル料金とは、車を廃車するときにかかる費用を新車購入時に前もって払っています。ですので、車を廃車せずに、売却した場合には、リサイクル料金の一部が返還されます。実際は、売約した車を次に購入した人が新たにリサイクル料金を支払い、それを預託金相当額とし前の持ち主が受け取る形となります。従いまして、車の売却時にはリサイクル料金の扱いがどうなっているのか?確認しましょう。査定額に含まれているのか、別途支払われるのか。

 

車を売却することが決まった時、自動車保険はどうなる?

次の車に乗る予定がないのでしたら自動車保険の解約をします。残存期間に応じて保険料が戻ってきますので早めに担当者に連絡しましょう。又は新しい車に乗り換える場合でしたら車両入替という手続きが必要になります。もし、手続きせずに新しい車で事故など起こした場合、補償の対象外になることがあります。非常に重要な手続きですので忘れずに!

 

査定のときに一番気をつけないといけないこととは?

こちらのページに詳しく記載しています。できるだけ高値で売りたい、査定の時に騙されたくないといった方は、査定前にチェックしておきましょう。

 

増税前と増税後、車を売るならどっちがお得ですか?

一般的には、増税前がお得と言われています。買取店は増税前の駆け込み需要を見越して、一台でも多くの中古車を仕入れしようとします。そのため、増税前は買取価格が上昇する傾向にあります。では、増税前に車を売るとして、その中でもどのタイミングが一番高く売れそうといえるのでしょうか?それは、増税前年の秋ごろになります。理由としては、この時期に車を確保することで、冬のボーナスや春の駆け込み需要に対応するためだからです。次は2019年10月に消費税が10%に増税される予定です。2018年の秋頃はひとつのポイントになるでしょう。

 

目次に戻る ↑

 

愛車の買取相場をしらべる 車種検索

案内係

 

気になる車種名で検索してみてください。サイト内検索をします♪

 

例) アルファード 25年式

 

 

目次に戻る ↑

 

 

近所の中古車買取店を探す

中古車の買取店を探す

車に限らずですが、少しでも高値で売却することをお考えならやはり相見積もりは必要ですよね?当サイトでは全国48都道府県別に車買取業者の情報を整理していますので、近くのお店を探している方は参考にしていただければと思います。

 

都道府県×車種で検索

お住まいの都道府県と車種を選択することで、あなたの車種に興味をもっている近所の買取店が検索できますよ。
都道府県×車種で検索してみる方はこちら

 

北海道・東北地方

北海道][青森県][岩手県][宮城県][秋田県][山形県][福島県

 

関東地方

茨城県][栃木県][群馬県][埼玉県][千葉県][東京都][神奈川県

 

中部地方

新潟県][富山県][石川県][福井県][山梨県][長野県][岐阜県][静岡県][愛知県

 

近畿地方

三重県][滋賀県][京都府][大阪府][兵庫県][奈良県][和歌山県

 

中国地方

鳥取県][島根県][岡山県][広島県][山口県

 

四国地方

徳島県][香川県][愛媛県][高知県

 

九州地方

福岡県][佐賀県][長崎県][熊本県][大分県][宮崎県][鹿児島県][沖縄県

 

車の売却で損したくないのであれば、少なくとも3~5店舗ぐらいのお店で相見積をとったほうが良いでしょう。

 

参考)

 

 

目次に戻る ↑

 

page top